風に舞う羽毛のようなものたち

アクセスカウンタ

zoom RSS photoMaster1級試験準備データ転送方式

<<   作成日時 : 2007/11/16 13:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

出力・描画系

インターレース
テレビやディスプレイなどが、1回の画面表示を奇数段目と偶数段目の2回の走査に分けて行なうこと。

プログレッシブ
1回の画面表示を1回の走査で行なうこと。
http://www.nodamusen.jp/dtv/interlace_noninterlace.html

入力・データサンプリング系
インターライン
フルフレーム

http://ja.wikipedia.org/wiki/CCD%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5
ほかに、垂直転送CCDの各素子で直接光電変換を行うフルフレームトランスファ型構造、受光用CCDと転送用CCDを持ち、垂直帰線期間に受光用CCDから転送用CCDに転送を行うフレームトランスファ型CCDもある。フルフレーム型は転送用CCDが不要なため光の当たる素子面積の比率(開口率)が大きく、インターライン型に比べて感度が高い。一方、電荷転送中は受光しないように機械的シャッターが必須となるため、動画撮影は難しい。フレームトランスファ型は、開口率の高い点ではフルフレーム型と同様であるが、転送用CCDを別に持つ分素子面積が大きくなる。

本当かどうか不明だが。
http://dcz.sakura.ne.jp/cgi/bbs1/wforum.cgi?no=5057&reno=5056&oya=4615&mode=msgview
インターライン転送CCDは真にメカニカルシャッター不要で即時読み出し可能な素子なので、ライブビューBの為には理想的な素子だと思います。
今回はこのためだけにフルフレーム転送CCDを見送ったのかもしれませんよ!

フルフレーム転送に必要な帯域幅を考えればいいのかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
photoMaster1級試験準備データ転送方式 風に舞う羽毛のようなものたち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる